スマートフォン専用サイトへ

外壁塗装について、外壁塗装の必要性

外壁塗装について、外壁塗装の必要性

外壁塗装の塗り替え時期一般的に外壁塗装の塗り替え時期は10年に一度、外壁塗装が必要とされています。ただ、既に使われている塗料や、天災、環境など様々な状態によって異なります。

外壁塗装工事は、ただ単に見栄えを良くするだけではなく、建物の防水性、耐久性、耐候性をよくし、大切な家を自然環境や建物自体の劣化から守ってくれます。


ライフサイクルコストについて梅田からの説明

LOC(ライフサイクルコスト)とは、建物の存続期間に必要とする総コスト、不動産価値面からとらえたものと、建物価値面からとらえたものがあります。建物コストは経費だけではありません。建物の生産コストを考えてみれば、建築費はごく一部だといえるのです。光熱費はもちろん、保全費、修繕費もできるだけ有効に使う必要があるといえます。
さらに、建物の不動産価値を維持するためには、建物の美観の維持、内部の補修なども立地環境や使用状況などをふまえて、効果的に検証いただいて、私達からも外壁塗装についてのアドバイスなど、お客様のお力なれれば幸いです。ここでは、お客様が外壁塗装を必要としての目印になる、サインを紹介します。


外壁塗装のサイン:クラック(ヒビ割れ 亀裂)

外壁塗装のサイン:クラック(ヒビ割れ 亀裂)

0モルタル壁によく見られる現象です。主な原因として、年月の経過とともに外壁内の水分を失い、表面にヒビ割れを起こします。また、地震や強風(天災)などでも、起こり、クラック(ヒビ割れ)から建物の中に水が入ると、建物内部に浸食し建物の構造じたいを劣化させる原因になり、早急に補修、または外壁塗装の必要性があります。


外壁塗装のサイン:カビ 藻 コケ

外壁塗装のサイン:カビ 藻 コケ

主にクラック(ヒビ割れ)から雨水が侵入し、水が外壁と塗膜の 間にたまってしまい、表面の塗膜を膨れさせます。 塗膜が剥がれ、むき出しになった壁は防水性が無く、壁内部に水が浸入していきます。


外壁塗装のサイン:塗膜の剥離

外壁塗装のサイン:塗膜の剥離

主にクラック(ヒビ割れ)から雨水が侵入し、水が外壁と塗膜の 間にたまってしまい、表面の塗膜を膨れさせます。 塗膜が剥がれ、むき出しになった壁は防水性が無く、壁内部に水が浸入していきます。


外壁塗装のサイン:色あせ

外壁塗装のサイン:色あせ

外壁塗装が紫外線を直接受けて、表面の塗膜が失われる現象。 太陽光の紫外線や酸性雨 熱エネルギーなどよって、色素の化学結合が切断されたり、異なった構造の物質になったりすると、徐々に退色 変 色していきます。


外壁塗装のサイン:チョーキング現象

外壁塗装のサイン:チョーキング現象

外壁の表面 を手でこすると、白い粉が手につく白化現象、表面の塗膜が剥がれ、防水性が著しく切れているサイン、チョーキング現象が起きてからの、建 物の劣化はとても早く、至急対処が必要。


外壁塗装のサイン:サイディング壁のコーキングの劣化

外壁塗装のサイン:サイディング壁のコーキングの劣化

サイディング壁自体は、ほとんどヒビ割れを起こすことはなく、一番よくある原因は、サイディングとサイディングの間のコーキング部分の劣化がよく見られます。症状としては、コーキング(サイディングをくっつけるゴム)が紫外線を浴び、劣化し割れてボロボロになります。特に日当たりのいい面に起きやすいです。


外壁塗装のご相談や塗装の見積り依頼、お問い合わせ、お待ちしております
〒350-1335 埼玉県狭山市柏原2250-1
フリーダイヤル:0120-34-3120
外壁塗装・屋根塗装の専門業者 栗原建装トップページへ

2012©kurihara-kensou.co.jp All Rights Reserved