スマートフォン専用サイトへ

屋根のリフォーム塗装

屋根のリフォーム塗装

リフォーム塗装について

屋根の重ね葺きリフォームについて

屋根リフォーム塗装の必要性については、屋根材自体の耐久性を上げ、美しさを蘇らせる事にあり、スレート材は7~10年を過ぎる頃から、表面が劣化してきて、コケや割れや反りなどが起き始めリフォームが必要になります。その他には、棟の下地が腐食していたり、板金を止めている釘が浮いてくることが多く、棟板金が強風で飛ばされると言う事例も多々あります!!リフォーム時期は7~10年目でシッカリ点検や屋根のリフォームをしておくといいでしょう。

しかし、屋根塗装は、表面を水洗いした後にリフォーム塗装をしますが、あくまでも表面のことです。屋根塗装で雨漏りを止めたり、劣化が酷い屋根の防水性能を上げることはできません。栗原建装では、リフォーム前には点検をさせて頂き、下地の様子を確認し塗装リフォームなのか、重ね葺きリフォームなのか診断させて頂きます、中が腐っていては、表面だけキレイにしても意味は無いのです。 施工方法によっては、屋根塗装リフォームが雨漏りの原因になることもあります。古い劣化したスレート屋根は人が歩くだけで割れることもあり、劣化がひどい場合は塗装リフォームをせず、重ね葺きや葺き替えを選択した方が建物の資産価値の向上にもなります。

ここで、栗原建装が推奨する屋根のリフォーム重ね葺き工法について紹介していきます!

屋根材の状態にもよりますが、2~3回目の塗装リフォーム時に屋根材に割れや反りなどスレート自体の劣化が激しくなるので、塗装リフォームは避け、重ね葺き葺き替えのリフォームを検討する事をおすすめしています。
葺き替え工法とは、今ある屋根材を撤去して新しい屋根材を乗せることで、
重ね葺き工法とは、今ある屋根材の上に新たな屋根材を乗せて二重屋根にすることです。


屋根リフォーム 葺き替え

下地が腐食し、耐震に余裕が無いなら当社では葺き替えを推奨しております。下地の腐食が非常に進んでいたり、耐震性能に余裕が無い場合は、葺き替えのリフォームを選んだほうがいいでしょう。葺き替えのメリットは、表面の瓦だけでなく、下に敷いてある防水リフォームシートも交換しますので、下地の腐食を補修することができ、屋根全体を下地からよい状態にします。また軽い屋根材にリフォームすれば、耐震性を向上にもなります。葺き替えのデメリットは、解体工事の手間と廃材の処分がある分、(スレートにはアスベストが含まれているため)解体費用が高いことです。また解体リフォームによる音やホコリの問題でトラブルが起きることもあるので、細心の注意が必要です。


屋根リフォーム 重ね葺き

重ね葺き工法のメリットは、古い瓦の解体や処分が不要なところにあります。葺き替えは解体時に大きな音やホコリが立ち、アスベストが含まれているため、処分も手間も費用も掛かりますが、重ね葺き工法ならそのようなこともありません。費用もその分安価にできますし、廃材が少ないのでエコなリフォームになり、リフォーム業者さんも推奨の施工です。重ね葺き工法のデメリットは、上からかぶせるので下地が腐食していてもそのままになってしまうこと。またかぶせた分、屋根が重くなることです。屋根が重くなるとその分耐震的に不利になりますので、耐震性能に余裕があるか確認し重ね葺きを行います。


破風板の板金巻仕上げについて

屋根の周りに付いているこの板を『破風板(はふいた)』といいます。木部でできている場合が多く、紫外線や雨水などで外壁よりも早く塗膜が傷き劣化が進みやすい箇所でもあります。放置しておくと破風板の塗膜が剥がれ美観を損ない、そこから腐食の原因にもなり。塗装リフォームをしなければならなくなります、耐久年数は木部で3~4年と言われています。



外壁塗装のご相談や塗装の見積り依頼、お問い合わせ、お待ちしております
〒350-1335 埼玉県狭山市柏原2250-1
フリーダイヤル:0120-34-3120
外壁塗装・屋根塗装の専門業者 栗原建装トップページへ

2012©kurihara-kensou.co.jp All Rights Reserved