スマートフォン専用サイトへ

屋根塗装

屋根塗装

屋根は外壁より風雨や太陽熱や紫外線などからさまざまな直接的影響を受けます。新築から5年~7年を目安として塗り替えをするのが一般的です。しかし、それぞれの家によって屋根の素材や環境が違いますので、それをどう見分けるかという事がポイントです。雨漏りがあれば当然ですが、外壁と同じように色あせやコケ発生は塗り替えのサインです。

又コロニヤルはコケの発生で屋根の基礎自体が劣化し雨漏りの危険性がありますので要注意です。しかし、屋根は自分で確認する事が難しい場所です。信頼できる業者に診断してもらうのが一番ですが、リフォーム詐欺などで、信頼できる業者を見つけるのが大変難しくなっていると伺います!外壁塗装・屋根塗装業者をお選びの際は十分にご注意ください。


最近では遮熱塗料など機能性重視の塗料などが、注目を集めています、近年の温暖化で外気温が30度以上になると屋根の表面温度は60~70度まで達します。遮熱塗料を塗ることで、その表面温度は10~15度低くなると言われます。予算的に余裕がある方は推奨品です。その他にも、新しい屋根材としてはガルバリウム鋼板などもリフォーム時に注目されています。


屋根塗装の流れ 施工前の写真

屋根塗装前

コケが黄色くなっているのが見えます。そのまま放置すると、美観性もですが、カビ コケの繁殖で雨漏りの原因になります。特に風通りの悪い北面に発生します

次の屋根塗装のステップへ
屋根塗装 高圧洗浄

屋根塗装作業中 高圧洗浄

高圧でコケを洗い流していきます。きちんと洗浄しないで塗装すると、塗膜の剥がれにつながります。この下地処理がとても大事です。

次の屋根塗装のステップ・高圧洗浄へ
屋根塗装 高圧洗浄の写真

洗浄面と非洗浄面の写真

屋根塗装前に必須の高圧洗浄をする前と、高圧洗浄をした後の写真。屋根塗装の下塗り前の必須の作業です。

次の屋根塗装のステップ・タスペーサーの設置へ
タスペーサーの設置

タスペーサーの設置

タスペーサー(縁切り部材)で雨水の排出に効果あり!屋根の塗装によって、塗料で屋根と屋根がくっついてしまい、屋根裏に入った雨水が、逃げられなくなり、雨漏りの原因になります。屋根からの雨漏りを解消する道具です。

次の屋根塗装のステップ・下塗りへ
屋根の下塗り

屋根の下塗り

屋根の下塗りです。シーラーという塗料を塗布します、効果は密着させたり、塗装のムラを無くしたりする塗料を塗ります!!この下塗りがとても大事です。

次の屋根塗装のステップ・屋根の中塗りへ
屋根の中塗り

屋根の中塗り

屋根の中塗りです。下塗りの上に再度塗装をしていきます。このステップを省いてしまう業者も多いようです。

次の屋根塗装のステップ・中塗りと下塗りの違い
屋根の中塗りと下塗り面の違い

屋根の上塗り

最後に上塗りをします。

次の屋根塗装のステップ・屋根の上塗りへ
屋根の塗装完了

屋根の上塗り

塗装完了。


外壁塗装のご相談や塗装の見積り依頼、お問い合わせ、お待ちしております
〒350-1335 埼玉県狭山市柏原2250-1
フリーダイヤル:0120-34-3120
外壁塗装・屋根塗装の専門業者 栗原建装トップページへ

2012©kurihara-kensou.co.jp All Rights Reserved