スマートフォン専用サイトへ

川越市 シーリング工事施工事例

2018/05/01 更新
川越市 シーリング工事施工事例の画像

川越市にお住いのA様よりシーリング打ち替えのご依頼を頂きました。

今回はシーリング工事について、一連の工程手順をご紹介します。

 

シーリング工事(コーキング工事)とは?

外壁サイディングボードの継ぎ目を充填材で充填する工事の事です。

シーリングが劣化すると、そこから雨水が入り、建物の基礎部分にダメージが広がってしまう恐れがあります。

また劣化により伸縮性が失われると外壁のひび割れの原因にもなります。

 

打ち増しと打ち替え

シーリング工事には既存のシーリングの上から新しいシーリングを足していく施工と、既存のシーリングを撤去した後に新しく充填する方法があります。

前者をシーリング打ち増しといい、後者をシーリング打ち替えといいます。

A様邸はシーリング打ち増し工事を行いました。

 

施工前

  

シーリング(サイディングボードの繋ぎ部分)に劣化がみられます。

ここに劣化があると雨水が入り基礎部分が傷んでしまいます。

 

既存シーリングの撤去

一つ一つ手作業でシーリングを撤去します。

撤去後。

シーリング材を充填する前に綺麗に清掃します。

既存のコーキングを全て撤去しました。

外回り全てを撤去すると多量です。

 

シーリング材の充填

撤去後充填材を補充し隙間を塞ぎます。

 

 

開口部周りも丁寧に施工します。

 

 

シーリングの劣化を長期間放置すると雨水の侵入を許してしまい、基礎部分が傷んでしまいます。基礎部分の補修となると工期もかかり、費用も嵩んでしまいます。また、劣化を早期発見することができればシーリング打ち増しで補修することができます。いざ修繕となった時でも費用を抑えることができますので定期的に点検をお勧めします。

 

A様、この度はご依頼頂きありがとうございました!

塗装内容
シーリング工事
施工期間
H.30.05.01
塗装エリア
埼玉県川越市

ページ移動

〒350-1335 埼玉県狭山市柏原2250-1
フリーダイヤル:0120-34-3120
外壁塗装・屋根塗装の専門業者 栗原建装トップページへ

2012©kurihara-kensou.co.jp All Rights Reserved